中国無錫の行列の出来る小笼包の店

スポンサーリンク

sangoku

中国と言えばやっぱり中華料理ってことで、今回は上海から約、車で40分ほど行った無錫市にある中国人も並んでまで買う小笼包(ショウロンポウ)の美味しいお店をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

中国人オススメの小笼包の店

無錫に住んでいる中国人に小笼包の美味しいお店どこ?尋ねると名前が挙がってくるのは

王兴记(ワンシンジ)

超王记(チョウワンジ)

熙盛源(シシンユエン)

この3店だ、勿論他にも沢山美味しい店はあると思うがここは、とある中国人の意見として聞いて頂きたい。

王兴记の特徴

上で3店舗あげましたが、中でも一番人気があるのが王兴记。

皮が厚いのが一番の特徴で中には肉汁がたっぷり入っている。4つ入りで一両(単位)価格は約10元ほどだ日本円だと約200円ほど、2つ売りの半両もある。
syouronpo1
住所は中国無錫人民西路49-1号

超王记の特徴

こちらは現地に住む中国人のオススメのお店少し薄皮で肉汁タップリ、小さいのも油断していたら火傷するくらいアツアツなので気を付けましょう。
syouronpo2

熙盛源の特徴

皮は少し集めで肉汁タップリ、こちらも一両4つ売りから。、
syouronpo3

まとめ

今回は中国無錫にある小笼包(小籠包)の話しですが、どうやら無錫の特産品のようです、中でも圧倒的に人気があるのは「王兴记」どの店も中国人に人気はあるが、皮が厚いか薄いかで中国人の好みも変わるみたいです。

是非、無錫に立ち寄った際は足を運んぶ価値はあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)